• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • FAQ > ゴリラ > CN-G1400VD > 2020年度ゴリラと2019年度ゴリラとの違いは何ですか?
  • No : 7585
  • 公開日時 : 2020/07/11 00:00
  • 印刷

2020年度ゴリラと2019年度ゴリラとの違いは何ですか?

2020年度ゴリラと2019年度ゴリラとの違いは何ですか?

<2020年モデル>
CN-G1400VD/CN-G740D/CN-G540D

<2019年モデル>
CN-G1300VD/CN-G730D/CN-G530D
カテゴリー : 

回答

■全国の市街地を100%カバーするゼンリン製「全国市街地図」を搭載
緻密さで定評のあるゼンリン住宅地図2,163冊分のデータを基にした
「全国市街地図」を搭載しました。
日本全国の市区町村1,741エリアをカバーし、
全国の市街地を100%カバーします。

 
これまで未収録だったエリアでも建物の形状や道幅までわかる
詳細な地図表示が可能となり、都市部だけでなく地方でも詳細な
地図が利用できます。


 

■リアルな交差点拡大図やピクトグラムに対応した方面看板など、
実際の道路案内に即した ひと目で分かる案内図が充実

方面看板表示は約31,500画像、リアル3D交差点拡大図は約6,040画像と、
リアルな案内表示を充実させ、ルート案内で重要な分岐点の情報が直感的に
認識できるようにしています。



■最大3年間無料の部分地図更新/全地図更新で
最新地図データに更新可能(G1400Vのみ)

最上位機種の「G1400V」は、2023年7月末までの最大3年間に、
2カ月に1度の「部分地図更新」で、新規開通道路をカバーできます。
「全地図更新」は全国市街地図やガイドブック情報を含む全情報を、
期間中に1度更新でき、3年後も最新版データで利用することができます。
 



■走るクルマの情報を活用した「プローブ情報」の提供エリアが拡大
精度の高い「VICS WIDE」の情報をもとに「スイテルート案内」機能で
渋滞回避(G1400Vのみ)

交通情報サービス「VICS WIDE」に対応し、別売品や通信費なしで
渋滞を回避する「スイテルート案内」機能。
交通状況の変化に合わせて新たなルートを自動で再探索し、
新旧ルートの距離や所要時間を比較して選択できます。

また、「VICS WIDE」の渋滞情報を「プローブ情報」と区別した
分かりやすい表示や、渋滞回避レベルを3段階に調整できるなど、
「ゴリラ」だけの機能も搭載しています。
 
■収録情報
  CN-G1400VD/CN-G740D/CN-G540D の地図ソフトは、
  おおむね以下の年月までに収録された情報に基づいています。
  ●道路(高速・有料道路):2019年12月
  ●道路(国道・都道府県道):2019年 10月
  ●ジャンル検索・周辺検索:2019年10月
  ●電話番号(職業別電話番号):2019年11月
  ●電話番号(個人宅電話番号):2019年8月
  ●住所地番検索:2019年11月
  ●施設名称検索:2019年10月
  ●郵便番号検索:2019年11月
  ●レーン情報:2019年11月
  ●ジャンクションガイド(JCT):2019年12月
  ●ジャンクションガイド(ランプ):2019年12月
  ●交通規制データ:2019年11月
  ●市街地図(家形図):2019年7月
  ※地図データは、株式会社ゼンリンの地図データを使用しています。
  ※現在地から目的地まで設定する距離が長すぎると、
    ルート探索できない場合があります。

 
■2019年モデル(CN-G1300VD/CN-G730D/CN-G530D)との
機能比較は下記をご参照ください。


 
■下記URLをクリックすると、
2020年モデル(CN-G1400VD/CN-G740D/CN-G540D)の
商品紹介についてご覧いただけます。
https://panasonic.jp/car/navi/products/G1400/

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ