• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • FAQ > カーカメラ > リヤビューカメラ「CY-RC500HD」の主な特長は何ですか
  • No : 8007
  • 公開日時 : 2020/11/12 00:00

リヤビューカメラ「CY-RC500HD」の主な特長は何ですか

【接続可能機種限定モデル】
HDRリヤビューカメラに、さらに高画質のカメラが登場。
 
Strada高画質カーナビステーション専用のHD(ハイビジョン)画質を
提供するカメラが加わりました。
鮮明な画質で、水平約180°の広視野をカバーする映像が、
バック時の運転をサポートします。
さらなる安全・安心なドライブをあなたに。
 
 接続可能機種(Stradaカーナビステーション専用)
 
※2020年10月現在
 
 ※「CY-RC500HD」の映像端子はRCA端子ですが、
  従来のリヤビューカメラとは映像信号が異なるため、
  接続可能な上記機種以外ではご利用できません。



主な特長は、下記のとおりです。
1.さらなる見やすさで安全・安心を

回答

◆ハイビジョン映像で驚きのHD画質
 HDパネル搭載Stradaカーナビステーションとの連携により、
 従来比で約2.6倍の高解像度を達成しました。

 ◎CY-RC500HD(ハイビジョン):1280×720
 ◎CY-RC100KD(スタンダード): 720×480
   


◆さらに広い視野で安全性が向上
 水平視野角を拡大。
 後退時、急に迫ってくる車両(自転車を含む)や歩行者をいち早く
 認識することで余裕を持ってブレーキを踏むことができ、
 より安全・安心につながります。
 
 ※当社従来モデル CY-RC90KD

 ●本機はドライバーの後方視界を補助するためのもので、
  全ての危険および障害物をカメラで映し出せるものでは
  ありません。

 ●本機は広角レンズを使用しています。
  近いところは広く、遠いところは狭く映り、
  実際の距離感とは異なる場合があります。


◆白飛び、黒つぶれを抑制し視認性を向上
 屋内外の駐車場など、強い日差しのある場所、明暗の差が
 大きな場所では、白飛び・黒つぶれで後方が見えづらくなる
 場合があります。
 また、暗い場所で、照明の強い光や後続車のライトのため
 カメラ画像が白飛びする場合があります。
 「HDR(ハイダイナミックレンジ)」技術は、画像の明るさを
 リアルタイムで自動補正し見やすくします。
 


◆高性能のレンズとイメージセンサーを使用した高感度カメラ
 レンズの明るさを示すF値は従来モデルと同じ2.0で、
 暗い場所での視認性に優れています。
 高感度のイメージセンサーを搭載することにより、
 さらに視認性が向上しました。

 □照度範囲が拡大
 ◎CY-RC500HD:0.5 lx(ルクス)~
 ◎CY-RC100KD:1 lx(ルクス)~

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ